設定されている金利

これから消費者金融を利用するのであれば、利息金額による負担が少しでも軽いに越したことはありません。とは言うものの、上限金利を比較すると、銀行のカードローンは低めに、消費者金融は高めに設定されているというのが実情です。

消費者金融の場合、個人の顧客を対象として担保物件や連帯保証人を設定せずに貸し付けを行なっています。顧客の立場からすれば、免許証などの身分証明書を提示し、住所や勤務先などのプライバシーデータを提供するだけで、所定の審査基準にパスすれば、借り入れをすることが可能になります。さらに、申し込みの手続きを行なってから、審査が終わり、お金が借りられるまでにかかる時間が短くて済むのも、消費者金融のアドバンテージです。このように、銀行カードローンと比較して、緩やかな審査基準となっているため、貸す側にとっては貸し倒れのリスクが高いことから、高めの上限金利が設定されているという訳です。

また、消費者金融の実質年率は幅を持たせた表記となっているため、自分にはどの金利が適用されるのかと、疑問や不安をお持ちの方もおられるのではないでしょうか? こちらは、借入金額などの条件によって変わってくるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

おすすめの返済方法

消費者金融を利用するに際しては、負担することになる利息金額を計算した上で、返済状況をシミュレーションし、資金計画を立てることもポイントになります。インターネット上には、元本や金利などの情報を入力・送信するだけで、簡単に返済金額のシミュレーションを行なうことのできるウェブサイトも存在するので、チェックしてみることをおすすめします。

次に、消費者金融では、「最低返済額」「というものが設定されています。こちらは、読んで字のごとく、月々に返済する最低金額のことを意味します。この金額で返済する場合、当然のことながら、毎月の返済にかかる経済的な負担は軽くなります。したがって、当面の経済的余裕が少なく、少しずつ返済したいという場合には、おすすめの返済方法と言えます。

しかしながら、負担する利息金額は増えるため、トータルの支払金額が多くなるので、注意する必要があります。こちらの問題を解決するためには、手持ちの資金に余裕がある時、積極的に繰り上げ返済を行なうなど、毎月の返済金額をなるべく多くするのがおすすめの方法です。このような方法を実践すれば、トータルの利息金額を低く抑えることができ、返済にかかる期間も短くて済むというアドバンテージがあります。

利息の負担について

この先、消費者金融を利用するにあたっては、負担する利息金額にも気を配ることが大切なファクターとなります。消費者金融の運営するウェブサイトなどをチェックすると、金利のことが「実質年率」と表記されています。こちらは、「貸金業法」という法律よって義務付けられている表記方法になります。この法律では、悪徳業者が、手数料や礼金など、利息以外のお金が要求するのを防ぐ目的で、諸費用も含めた金利を、実質年率と表記するように規定されています。裏を返すと、実質年率には、利息だけではなく、手数料や礼金などの諸費用も含まれているということになります。

言うまでもありませんが、消費者金融を利用して借り入れをするためには、設定されている利息金額を負担することが前提となります。こちらの利息による収入こそが、消費者金融の得る利益となっています。消費者金融による貸し付けは、お金を唯一の商品として行なわれるもので、その対価としての利息は、レンタル料金のような役割を果たすものと考えると分かりやすいでしょう。なお、消費者金融の利息に該当するものを、クレジットカード会社では「手数料」と呼んでいますが、実質的には同じものを意味します。

消費者金融の金利

皆さんの中には、消費者金融を利用したいという気持ちはあるものの、利息による負担のことが気にかかり、実際のアクションが起こせないでいるという方がおられるかも知れません。消費者金融では、金利のことを「実質年率」と表記していますが、こちらは、「貸金業法」という法律の取り決めによるものです。当然のことながら、消費者金融の利用には、利息の負担が前提条件となりますが、利息による収入は、消費者金融が得る唯一の利益です。なお、クレカ会社で「手数料」と呼ばれているものも、実質的には、消費者金融の利息と同じものです。

この先、消費者金融を利用しようという場面では、利息を計算し、返済のシミュレーションを行なって資金計画を立てることも大切です。ネット上には、所定のフォームにて必要事項を入力・送信するだけで、簡単に返済シミュレーションをすることのできるサイトもあるので、チェックしてみると良いでしょう。続いて、「最低返済額」による返済は、毎月の負担が軽くなるので、当面の経済的余裕が少ない場合におすすめです。その反面、利息の負担金額が増えるため、トータルの支払金額が多くなるという問題を解決するには、繰り上げ返済をするなど、月々の返済額を増やす努力をすることがポイントになります。

当カテゴリーでは、消費者金融の金利に関する、さまざまな情報をお届けしてまいります。この先、消費者金融を利用するにあたって、金利に関する疑問や不安があるという方は、参考にしてみていただければ幸いです。